第26回小児集中治療ワークショップ

会 期 2018年10月13日()・14日(
会 場 京都テルサ

大会長ご挨拶~参加者の皆様へ

“古い船には新しい水夫が乗り込んでゆくだろう
古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう
古い水夫は知っているのさ、あたらしい海のこわさを”
吉田拓郎 イメージの詩



PICUワークショップの歴史も四半世紀を超えました
さらに大きな海に航海を続けるためには、たくさんの新しい水夫が必要です
しかし、経験を持つ古い水夫も欠かすことはできません

竜馬が見ることのなかった明治維新から150年
彼の眠る京都の地に
新しい水夫と古い水夫がともに集い
大きな帆を上げて、あらたな航海をはじめましょう

2018年4月1日
第26回小児集中治療ワークショップ大会長
広島大学大学院医歯薬保健学研究科救急集中治療医学・教授
志馬伸朗


このページのトップへ戻る